音楽学科

パリ地方音楽院ピアノ科
コンサーティスト課程
パリ国立高等音楽院
ピアノ伴奏科第二課程(修士)在籍

鈴木 詩音 さん

2017年3月卒業

ピアノコース卒業/札幌大谷高等学校出身

大学3年生の時に受講した京都フランス音楽アカデミーをきっかけに留学を決意 しました。フランス人の先生にレッスンを受けることで日本とは違うアプローチが とても新鮮だったのを覚えています。現在師事しているビリー?エイディ先生は音楽の流れや長いフレーズ、徹底したレガートでの歌い方、メトロノームに縛られずそこから生まれる自由な音楽を根気強く指導してくれます。
学生時代のアンサンブル経験が、パリ国立高等音楽院の伴奏科に通うきっかけに繋がっています。どんな場面でも活躍出来るピアニストを育成する科でもあるので 、数多くの無理難題をこなしています。ピアノ科と伴奏科の両立は大変ですが互いの違う視点から活かせることが多く、常に成長を実感できます。
フランスでの勉強は人生の財産です。世界中のプロのミュージシャンが演奏会を開き、歴史的で素敵な街並みに囲まれながら勉強できる環境に有り難みを感じています。今この環境で勉強できるのは大学4年間の経験と研究生として1年間しっかり準備できたからこそです。この先フランス留学で得たものを演奏や指導で下の世 代にしっかり伝えていけたらな、と思っています。

今までの活躍

平成28年度札幌市民芸術祭新人音楽会に出演、大賞を受賞。第9回札幌大谷大学定期演奏会にて同オーケストラとグリーグのピアノ協奏曲を共演。第19回リスト音楽院セミナー、第26回京都フランス音楽アカデミーを受講、優秀受講生に選出され各受講生コンサートに出演。また卒業演奏会、市民ロビーコンサート、Kitaraあ?ら?かると 若い芽の音楽会等に出演。

鈴木さんの人生年表

芸術学部音楽学科

2020年度(2021年3月卒業生)

就職率100%

最新の就職実績一覧はこちら