札幌大谷大学は元気です!

「個性を伸ばす多様な学び」と「高い実績を誇るキャリア支援」

    札幌大谷大学は、私たち人間の本質に関わる三つの分野-「人間を育てる保育」、「人生を豊かにする芸術」、「人々をつなげる社会」を、専門的に学ぶことができる個性的な大学として、さまざまな社会?教育組織と連携しながら、北海道の発展にとって極めて重要な役割と責任を果たしています。
本学の経営母体である札幌大谷学園は、親鸞聖人の「み教え」と仏教の精神を建学の精神とし、1906年に「私立北海女学校」として設立されて以来、北海道内の私学では、きわめて長い歴史と伝統を有しています。1961年には、札幌大谷短期大学保育科を開学し、創立100周年を迎えた2006年には、札幌大谷大学を開学しました。同じ学園内には、附属幼稚園や札幌大谷中学校?高等学校を併設し、相互に連携を深めながら、一般教育から芸術?スポーツまで高い教育成果を挙げています。特に本学園では、野球?サッカー?バレーの育成に力を入れており、大学でも「強化クラブ」として活動しています。

音楽学科は

    コロナウイルス感染予防対策を徹底した上で、昨年の6月から対面での実技レッスンや、オーケストラや吹奏楽、そしてオペラの演習授業を再開しています。学べる音楽もクラシック音楽に限らず、「ミュージカル歌唱」や「ドラム実技」など、好きな音楽のジャンルが選べます。また設置から3年目になる音楽総合コースでは、「音楽ビジネス論」や「コンサートプロデュース論」など、音楽系の就職を目指すカリキュラムが充実。今年からスタートした「作曲?サウンドクリエイション」コースでは、コンピュータ系の最先端の作曲技術をじっくり学ぶことができます。

美術学科は

    油彩、日本画、版画、立体などの伝統的な美術分野を学ぶ「造形表現領域」と、メディアを駆使して最先端のアート、デザイン分野を学ぶ「メディア表現領域」の二つの領域をもち、各領域の中では、さらにいろいろな表現技法を複合的に学ぶことができます。今年3年目を迎えた「グラフィック?イラスト」、「情報?プロダクトデザイン」、「ファッション?デジタルファブリケーション」の3専攻では、専門分野に特化した授業が本格始動。コンピュータ制御の加工機械を活用し、デジタル技術を駆使した“リアルなものづくり”が学べます。

地域社会学科は

     第1期卒業生から就職率100%をつづけ、2020年度の学部別就職度ランキングでは全国1位を達成しました。そして今年からは、卒業後の進路をさらに明確?確実にするために、専門性を高めた「行政法律」、「経済経営」、「教育福祉」、「観光メディア」の4つのコースにリニューアルします。「地域を愛し、地域を学び、地域を支える」をモットーに、少人数制ゼミのきめ細かな指導と、地域や社会の具体的な問題に対応できる多彩な授業カリキュラムを通して、地域社会の発展に貢献できる人材育成を進めています。

保育科は

     すでに60年の伝統をもつ道内屈指の学科であり、特に幼稚園教諭の養成実績では、社会的にも高い評価を獲得しています。 学びの特徴は、学生たち一人ひとりの得意分野を延ばすことで個性を磨きながら、実践的な力を身に付けていく多彩なカリキュラム。さらに 専攻科に進めば、短期大学部2年間で取得した幼稚園教諭二種免許と保育士資格を活かした授業があり、また、保育士のアルバイトや ボランティアをしながら、 実践的に学べることが大きな魅力です。修了後には4年制大学と同じ学士号と幼稚園教諭一種免許状を取得することができます。

札幌大谷は就職も元気!

     本学は、企業でのインターンシップ制度やキャリア支援プログラムも充実しており、全学部学科も、就職率の高さと就職できる分野の幅広さが自慢です。公務員試験対策や各種資格取得のための対策講座はもちろん、音楽や美術のコンクールやコンペ、それに地域社会でのボランティア活動などのアクティブ?ラーニングを通して、卒業後の進路に直接役立つ実力を身に付けることができます。
ぜひ、皆さんも、学びも就職も元気な札幌大谷で充実した大学生活を送ってみませんか!

学長

千葉 潤

東本願寺 東本願寺"/ 札幌大谷大学同窓会 教育振興資金(寄付金)のお願い"